どんな人に向いていますか?

どんな方でも可能ですが
こんな人に向いています。

・自分が持つ固定観念やブロックに気づきたい人、取り払いたい人。
・自分が閉じ込めてしまった「本当の自分」に気づきたい人、気づき始めている人。
・なにかもやっとするけど、「もやっ」の正体がわからずに困っている人。
・自分がなぜ動けないのか、自分がなぜやる気が起きないのか、知りたい人。
・自分の思いを「言語化」したいけどなかなかできなくて、言葉を引き出してもらいたい人。

※うつ症状など心の症状が出ている方、心療内科に通院中の方は、精神科医もしくは臨床心理士など国家資格を持つプロの方にご相談ください。

効果が感じられないことはありますか?

本当の望みを知ること、自分のネガティブな一面を直視することなど、ご自身と向き合うことにまだ「怖さ(抵抗)」を感じている方は、この手法では効果を感じられない可能性があります。ご自身と向き合うということは、周囲に促されて挑戦することではなく、ご本人がしっかり覚悟を決めておられるかどうかが重要です。「変わりたい」と思えたときがチャンスです。

※うつ症状など心の症状が出ている方、心療内科に通院中の方は、精神科医もしくは臨床心理士など国家資格を持つプロの方にご相談ください。

インタビューセラピー®を学びたい

「インタビューセラピー®基礎講座」を受講してください。

インタビューは本当に楽しいです。人の話にはたくさんの「宝物」が詰まっています。「私にはなにもないから」とおっしゃる方がいらっしゃいますが、違います! どんな人にも、その人の景色があり、その人が生きてきた歴史があります。

ゆえに、どんな人にインタビューをしても、インタビューする側にも実は得られるものがあるのです。編集ライター養成講座でも、インタビューセラピー基礎講座でも、「インタビュアーの心得」として、「その人の人生のかけらをいただく」ということの重みや、ありがたさを伝えています。

そして、それをシェアさせていただくことの楽しさも味わってもらいたいです。話し終えたクライアントのすっきりした表情や、キラキラした目で帰って行かれるのを見るのは、セラピスト側にとっても喜びとなります。この講座を学ぶことで、人の話を聞く楽しさを知り、聞き上手になれ、自分のことを好きになっていただけると思います。

インタビューセラピー®をおこなうに当たって大切なことは、「クライアントを癒そう」「相手の役に立とう」というエゴを手放し、意識を後ろに置くこと。

普段は「してあげたい」という気持ちを持ってても構いません。与えたい愛が溢れるほどあることは素晴らしいことです。ただ、それが邪魔をして、クライアント自らの力を奪わないように、何度もインタビューの練習をしていただきます。それは座禅の修行にも似ているかもしれません。

前のめりになって目の前のクライアントに介入したり、自分の過去に紐付けして必要以上に同調して悲しみや怒りを思い起こしたりすることなく、「いまここ」に心を置いて人の話を聞く。それが「傾聴」の基本的な姿勢です。

興味のある方はまず、インタビューセラピー®を体験してみてください。お待ちしています。

※現在、緊急事態宣言を受けて生徒募集を停止しています。

Zoomの場合の支払い方法は?

ゆうちょ銀行への振込みをお願いしています。
Zoomセッションの3日前までにお振込みください。
入金確認後にZoomのURLをお伝えいたします。

 

*ゆうちょ銀行から

記号 14400
番号 39472151
名義 ヘンシュウシツルーツ

*ゆうちょ以外の銀行から

銀行名:ゆうちょ銀行
店名:四四八(ヨンヨンハチ)
口座番号:3947215
口座名義:ヘンシュウシツルーツ